自動車買取相場を学ぶための方法

カシコク買う「交渉」のコツは?

衝動買いをしないこと!
カシコク買うための交渉のコッは何か。ひとつだけ挙げるとすれば、「衝動買いをしない」ということです。
その場では決めない。
これだけを守っておけば、必ず納得いく買い物ができます。
販売店のセールスマンは、クロージングにあたって、必ず、「今日、決めてくれれば……」という話をします。
「いま返事をいただければ、○○をサービスします」
「私も月末あと○台で目標を達成できますので、フォリーはしっかりとさせていただきます」
「店長を呼んできます。私ではここまでですが、店長ならなんとか値引いてくれるかもしれません」
そういった営業用のクロージングが一般的になっていて、店側は「いま、そのとき」に買ってもらうことを決めたかっているのです。
そこで、買う側はひと呼吸置くのです。
そこで首をタテに振ってしまうと、高い買い物をするとまではいいませんが、トクする買い物はできません。

見積書をもとに値引き交渉しよう
値切るべきかどうかですが、新車の場合、同じ車種で同じグレードの価格については販売店が変わっても統一されている面がありますが、他県では若干値引き幅に差が出ることもあります。
ただし、「売っている価格は同じことはわかったけど、では、ポンドに同じクルマならみんな同じ値段で買っているの?」と聞かれると、そうともいえない而もあります。
ですから、商品を決めたら、私は値引き交渉をしてみることをおすすめします。
同じ140万円の支払いでも、オプション装備が変わってくる可能性があるからです。
さらに、まったく同じクルマではなく、同じクラスの他系列のクルマと比較して値引きする場合も、サービスが変わってくる可能性があります。
これは『ノア』と『VOXY』のような関係を比較して交渉すると思っていただければよいでしょう。


自動車買取相場

 

サイトマップ